2000年「島根6mミニ一斉移動・春の部」運用記(2000.5.20-21)

移動地:島根県美濃郡匹見町安蔵寺大規模林道(JCG#32016,GL:PM54XM)


2000年5月20日(土)


7時起床、8時にJE4JQL松井さんを迎えに行って出発〜〜と思ったら、携帯を家に忘れてた、戻って仕切りなおして出発。
今回の移動地は美濃郡匹見町である、R9経由でも行けるのだが時間読みがわからないので、走りなれた浜田道〜中国道経由で行くことにする>かなり遠まわりかも・・。

六日市ICで降りて、R187にはいる、平家ケ岳山頂(鹿足郡六日市町)から運用しているJR4RYI&JL4ETM局に車から声をかける、コンディションはぼちぼちらしい。
柿木村に入り、木部谷川を遡り滑峠林道経由〜三叉路で右折して(まっすぐ行くと杣の里よこみち)安蔵寺大規模林道に入る、一部狭い区間もあるが全面舗装で快適である、かなり高度感がある、林道の途中にはこんなものがあった。
記念碑の裏側を見てみると、この林道の建設には96億円の建設費(ワシらが払う税金だぜ・・(-_-メ))がかかっているらしい。

安蔵寺トンネルを抜けて匹見町に入る、トンネル出てすぐのところ右手に車一台分くらいのスペースがあるがちょっと運用にはNG、少し降りてみると右手にスペースがある、ここも谷のどんづまりみたいな場所で今ひとつだがとりあえずここでやることにする。
13時すぎに到着、簡易的な高度計では標高九百数十メートルらしい。

4エレHB9CVを組み立てて運用開始、始めは4エリア各局から声がかかる、次第に雲行きが怪しくなりついに小雨が落ちてきた、リグを車内に避難させて小休止、すぐに雨は上がったので再度運用開始、1、2、9エリアからポツリポツリと呼ばれる、オペレータ交代しながら運用するが、16時半頃から雨がいっとき本降りになり運用終了とする。
雨の止み間にさっと片づける、二人だと早いですね〜。

ちょっと早いけど今日の宿泊地の鹿足郡日原町の「杣の里よこみち」に17時半頃に到着。
ここは廃校になった小学校の跡を地区の人たちが整備して運営しているらしい。
今日の宿泊者は私たち二人だけとのこと、泊まるところは校舎のほうの部屋じゃなくて、安蔵寺山荘という建物。
元は校長先生の官舎だったらしい。

風呂に入って、校舎のほうに在る食堂で晩ご飯食べて、宿の人とちょっとお話しなど。
今日の場所よりもう少し降りたところにかなり広い場所が有るらしいので、明日はそこでやることにする。
布団敷いてTVワッチしてだらだら、22時半に寝た。


2000年5月21日(日)


6時半起床、7時半に朝食食べて8時にチェックアウト>小学校の校舎そのままだよな〜
林道を上りながら、車からワッチしたらEスポらしきオープンで1、8エリアがガンガン入感している、あせりつつ約30分で到着、標高は890m位らしい、昨日の場所よりは広くていいです。

30分で4エレHB9CVとHF用のダイポール組み上げて9時にオンエア、CQ出すと小さなパイルになって呼ばれるが続かない、1、2、3、7、エリアから呼ばれる、それでも午前中は二人でかわりばんこに運用してそこそこ楽しめた>運用中のJE4JQL局
昼食後はコンディションが落ちて、CQマシンがむなしく動くのみ、忘れた頃にコールバックがある程度、15時にて終了して撤収開始、15時半に帰路につく。

帰りは、林道で鹿足郡日原町の横道集落まで降りてR187〜R9益田経由で出雲に戻ることにする、途中で石見町で運用してたJJ4HCE局と待ち合わせて大田市内のうどん屋で晩ご飯食べてから20時前に出雲に帰った、所用時間約4時間ちょい。

機材を降ろして風呂に入ってから、「島根6mロールコール」にチェックイン、今日の移動運用の成果など聞く。


メニューに戻る
inserted by FC2 system